法人の方

経営・事業計画

経営コンサルタントとしての豊富な経験をもとに、対象市場の動向、自社の経営資源の状況、競合環境などを深く検討し、数値に裏打ちされたキャッシュフロー最大化を視野に計画立案をサポートします。具体的には、以下の分野での活動を行います。

起業・創業

すべての事業は起業から始まります。不確定要素だらけの起業のフェーズで、必要な情報を収集して整理、分析し、アクションとフォローが適切に可能な計画の立案と実際の立ち上げをサポートします。

企業の新規事業開発

起業が成長分野などへの新規事業に参入する時には、既存企業からの資源の配分や人材の配置などにおいて特別な配慮が必要です。新規事業を成功に導くための計画立案と実施をサポートします。

事業構造転換(再構築)

対象市場の急激な変化や競争激化に対応するために、企業がその事業構造を転換する必要性に迫られるケースはますます増えてきています。デジタル化を含めた事業構造の転換をステップバイステップで実現するための、詳細な計画立案とその実行をサポートします。

もちろん計画を作りっぱなしにするのではなく、事業承継、計画実現のためのサポート、必要資源の調達、環境変化対応のための計画の修正、モニタリング、必要な人材獲得のサポートなども行います。

インバウンド、アウトバウンド拡大支援

コロナ禍の中、またはその後の時代においても、企業の成長のために、海外からの需要の取り込み(インバウンド)や、海外市場の開拓(アウトバウンド)は、最も重要なオプションの一つです。語学と国際事業展開に精通したスタッフが、インバウンド、アウトバウンドを通じた事業拡大について、スピーディで効果的なサポートを行います。具体的には、以下のような分野のサポートを行います。
●クロスボーダーE C(エレクトリックコマース)の推進
●海外バートナーの発掘、提携
●通商、税務上の課題解決
●国際間の紛争解決
●契約書の作成、レビュー

コンサルティング事例
・食品メーカーX社では自社の主力商品の売上高が衰退傾向にあり、新規事業への進出が必須となっていました。周辺には失敗事例も多く、慎重に検討を重ねているうちに時間だけが経過してしまい、打開策を求めている中で我々のところに相談にきました。規模は小さいですがユニークなX社の製品を、消費者に直接販売するだけでなく、業務用にも展開できるという仮説を立て、用途開発に成功しました。新規の事業は、旧来のビジネスモデルの枠を大きく越えて、X社は新たな発展の道を歩み始めています。
・EC販売のY社は、競合のZ社からある日突然、ビジネスモデル特許侵害の訴訟を起こされ、賠償金額100億円を請求されました。我々は、ネットワークの法律事務所と訴訟戦略を構築し、特に損害額の算定の議論において中心的な役割を果たしました。最新のデータと、緻密な経済モデルにより、損害額がゼロに近いことを立証し、訴訟をY社に有利な形で進めることができました。